ネットで投票しよう

競馬観戦をする際、馬券を買っているかいないかで応援の熱の入り方が違います!
別に大金をかけなくてもいいんです。馬券は100円から買えるのですから。

「自分が応援する馬に100円かけてみよう。」

最初はこんな感じで全然良いのです。

しかし!

「競馬場もウインズも近くにない!それじゃあ、競馬が出来ないの?」とお困りの方。

実はもっと手軽に馬券を購入する方法もあるんです。

ネットで投票できる3つの方法

  1. A-PAT会員
  2. 即PAT会員
  3. JRAダイレクト

で購入可能です。

いずれかの会員になれば、わざわざ競馬場などに馬券を買いに行かなくてもOK。
ネットで手軽に購入できるようになります。
それではオススメ順に詳しく見ていきましょう!

 

即PATとは

JRA指定の口座を持っていれば、申し込んだその日から利用できます。

これで

  • パソコン
  • スマホ
  • 携帯

を利用して、競馬場開催日の当日でも馬券を購入することが可能に!

申し込みが一番簡単で、使い勝手が良いネット投票です。

 

即PATのはじめ方

まず、JRA指定の口座を持っているか確認しましょう。

「ジャパンネット銀行」「楽天銀行」「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「住信SBIネット銀行」「ゆうちょ銀行」「りそな銀行」「埼玉りそな銀行」「じぶん銀行」

のいずれかの口座を持っていればOK。

これで今日からでもネット投票ができます。

もし、持っていない方は、「ジャパンネット銀行」「楽天銀行」がオススメ。

特に楽天銀行なら買い物と合わせて楽天スーパーポイントがどんどん貯まるのでお得です。詳細はホームページからどうぞ。

楽天銀行の口座開設を詳しく見る

ココに注意!

申し込めばすぐには利用できますが、新規加入手続きは、勝馬投票券の発売時間帯のみ受け付けております。

年度によって、インターネット投票の発売日が変更される場合があるので、JRAのサイトで確認してください。

「え~面倒くさい!」という方は、レースが開催されている時間帯、(例えば、確実に狙うなら土日の10:00~15:00の間とか)に申し込みましょう。

⇒即PAT登録はJRA公式サイト内のこちらから

申し込みまでの流れ

「ジャパンネット銀行」「楽天銀行」「三井住友銀行」の口座を開設する

JRAのホームページより、申し込み手続きをとる

登録完了

口座からからJRA口座へ振り替える

馬券購入

※注意事項
申し込みの前に口座を開設してください
口座は普通口座としてもご利用できます
馬券の購入前に、ジャパンネット口座からJRA口座へ振り替えてください
馬券の購入は競馬開催中の土日となります

⇒即PAT登録はJRA公式サイト内のこちらから

A-PAT会員とは

A-PAT会員のならではの特徴は、プッシュホン電話で購入できること。あとは、即PATとほぼ同じ。

ただ、利用にはJRAの指定口座の開設が必要です。

A-PAT会員のはじめ方

このサービスを利用するにはA-PAT専用の特殊な口座の手続きも必要なため、利用までに約2ヵ月かかります。

口座も指定の銀行の必要があり、例えその口座を持っていても新しく開設しなければならなりません。

ネット投票できるまでが長い・・・

A-PAT会員が向いている方

自分もこの会員ですが、今なら即パットがあるので、そちらの方が登録も簡単だし、使いやすいです。

また、地方競馬も楽しみたい方も即パットの方がおすすめ。

「競馬だけに使う専用口座が欲しい」という方ならこちらでも良いかも。

A-PATの申し込みはコチラから

余談ですが、以前は応募して抽選により当選された結果、会員になり初めて利用できました。

私の馬券購入の利用割合は、パソコンは8、携帯は1、場外馬券売り場1の割合で利用しています。
外出などで、パソコンを使えないときだけ携帯から購入しています。

申し込みまでの流れ

JRAホームページから申し込む

JRAから送られてくる必要書類に記入、必要書類を添付しJRAへ返送
(この、手続きの中に口座開設も含まれる。銀行は指定の10行の中から)

登録完了!

開設した口座に入金する

馬券購入

※注意事項
申し込みは随時募集しています。
手続きは、書類に記入のほか、口座開設も行います。JRA指定の銀行、10行の中から選択します。(口座開設に必要な書類も同封されています)
開設した口座は競馬専用の口座となります。

A-PATの申し込みはコチラから

JRAダイレクト

JRAダイレクトは、お手持ちのクレジットカードに「JCBカード」「三井住友カード」「UCカード」「MUFGカード「DCカード」「NICOSカード」「楽天カード」があれば、パソコンからインターネットを通して簡単な利用者登録後、すぐに勝馬投票券がご購入いただけるインターネット投票です。

クレジットカード決済なので、指定銀行口座を持っていなくても大丈夫です。

このJRAダイレクト、登録が簡単なのは簡単なのですが、注意点があります。
そこで、気になる注意点をピックアップしてみました。

注意点

  • パソコンのみ投票可能。
  • 購入は1日3回まで(1回につき100円の手数料がかかります。)
  • 1回の最低購入額は1,000円(1ヶ月の利用限度額は50,000円)
  • 馬券の締め切りはレース発送時刻の5分前
  • 地方競馬の馬券は買えない

申し込み方法

それでは、申し込み方法を簡単に説明します。

各カード会社のインターネットサービスへの登録

JRAダイレクトサイトから登録

登録完了

以上で終わりです!

登録は、「金曜日18時30分~土曜日17時25分、土曜日19時30分~日曜日・最終レース」の間。※時間変更の場合あり
JRAダイレクトで馬券を発売している時間帯のみ可能です。

最も簡単に馬券が変える方法なので、指定口座を持っていない人は、お試しで使ってみるのもいいかも。

それにしても、気軽に競馬を始めることが出来るようになりましたね。

申し込みまでの流れ

それでは、この2つの申し込みまでの流れを確認しましょう。馬券の購入は競馬開催中の土日となります。

『使えば使うほど貯まる!楽天スーパーポイントが貯まる銀行!』

即パットの方が、手続きが簡単です。
ジャパンネット銀行に口座がない方は、開設には郵送期間を含め1週間~10日かかります。
余裕を持って手続きをしましょう。

それぞれのスタイルで

このStep2では、競馬場、ウインズ、PAT会員の3つの馬券購入手段を説明いたしました。
それぞれに特徴がありますのでご自分にあった購入方法をお試しください。
参考になるかどうか分かりませんが、下記が私の場合の馬券の購入の仕方です。

比較的有名な馬が集まる重賞レースが開催されている場合、競馬場で馬券を購入する
函館が一番近い競馬場になるので、函館記念(GⅡ)などが開催される日は、電車で函館へ馬券を買いに出かけます。
初めて函館競馬場へ行った時、生の武豊が見れて感動した記憶が・・・懐かしい。

友達と遊び感覚で馬券を購入するときは、ウインズへ
土日に友達と遊ぶ場合、ウインズへ行くことが多いです。
デートでスポットとしてもOK!

普段は家で
でも、半分以上の割合で自宅で購入していますね。
レースはテレビ観戦。

このように、一応使い分けしているんです。
皆さんも自分のスタイルに合った購入法を発見してみてください!